香典で恥をかかないマナーのガイドのTOPに戻る

香典の書き方、礼状のマナー

新しい葬儀と法要進め方とマナー新版

【香典、礼状の書き方について】

遠方から会葬に訪れた方や、弔問には来れなかったけれど、香典、供物、供花を送っていただいた方、弔電をいただいた方には忘れずにお礼状を出します。

礼状、書き方の文例として

『この度の葬儀に際しましては過分な御香料を賜り、誠にありがとうございました。いろいろとご心配をお掛けしましたが、ようやく落ち着いてまいりました。お心遣いの数々、本当にありがとうございました。』など。

故人の遺志で、たとえば、いただいた香典を社会福祉団体や基金に寄付したいなどの理由で香典返しをしない場合には、忌明けのあいさつ状にその趣旨と寄付先を書き添えお礼状とします。
また、故人の収入で生計を立てていたため、香典を今後の遺児の養育費の一部に充てたいという場合も出てくるでしょう。そのような場合には香典返しをせず、やはりその旨をあいさつ状に書き添えておきます。
お礼状の文面は、葬儀社やデパートの弔事コーナーで、あらかじめ用意された書き方などの文例を利用することも出来ます。その種類のものを利用する場合にも、一言書き添えるとよいでしょう。

お礼状の定型は、黒かグレーで縁取りのされた私製はがきと角封筒を使用します。最近ではカラー用紙を使ったり、挿絵を添えることもあります。文章も以前に比べずいぶん自由な書き方になり、中には独創的な礼状も見受けられるようになりました。
なお、基本的に香典返しに対するお礼状は出す必要はありません。先方に受け取った旨を伝えたい場合には、葉書や喪中見舞いを兼ねた手紙などで伝えておきます。その際の文面には、ご遺族のその後の様子を伺いそれに添えて『先日はご丁寧なご挨拶をいただき恐縮です』などと言葉をつなぎます。
新しい葬儀と法要進め方とマナー新版

関連コンテンツ

香典の郵送

香典は本来ならば、直接お通夜や告別式に持参するのが礼儀ではありますが、遠方に住んでいるなど、さまざまな事情で葬儀や告別式に参列出来ない場合もあります。その場合にはまず先に弔電を打ち、出来る限り早いうち・・・

香典とお悔やみ状

お悔やみ状は、さまざまな事情で葬儀に参列できない場合や、遠方に住んでいて参列できない場合に遺族に送るものです。 葬儀に参列できない場合には、まず弔電を打ち、その後にお悔やみ状をお送りして、弔意を示し・・・

香典に関する手紙の文例

香典に関係する手紙の文例をご案内します。 まず、諸々の事情で葬儀に参列出来なかったので、香典を郵送する場合にひとこと添える場合のお悔やみの手紙です。 「○○様御逝去のお知らせをいただき、驚・・・